血栓の発生を抑制するEPA・DHAの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DHAやEPAは高血圧や動脈硬化に効果を発揮すると書いてきましたが、まだまだその効果はあって、それは、「血栓を抑える働き」です。具体的には以下の通りです。

  • 心筋梗塞
  • 動脈硬化
  • 脳血栓
  • 脳出血
  • くも膜下出血

などを抑える効果があるのです。

私たち人間の血液が血管の外側に流れ出ないようにするには、血液は適当なところで固まってくらないといけませんよね。全く固まらずにいつまでも流れ出していたら、出血多量で死んでしまいます。

この出血を抑える働きをしているのが血小板と呼ばれている小さな板切れみたいなようなものです。出血をしている血管の内側に集まり、傷口にベタベタと貼り付いて漏れないようにしてくれます。これを血小板凝集作用と言います。

しかしながら、年齢を重ね、年をとってくると、ストレスから来る極度の疲労状態だったり、病気がちだったりで血小板凝集作用が過剰になってしまいます。過剰になると傷口だけでなく、健康な血管にまで血小板がベタベタと貼り付いたり集まってしまいます。これを血栓と呼んでいます。

脳に伸びている血管で血栓が起きるのが脳血栓です。脳に血栓ができてしまい、血液の流れが止まっているのにもかかわらず、心臓からはどんどん血液が送られてきて、血液の行き場所がなくなってしまいます。そして、血栓のところには異常な圧力がかかりますから破れてしまいます。脳出血くも膜下出血などがそうです。

また心筋(心臓を動かす筋肉)の血栓ができてしまうと心筋梗塞になってしまいます。どれも死に直結する大変怖い病気です。血栓ができてしまうと死への階段を上っている状態だと言えるでしょう。

しかし、DHAやEPAは血栓を作らせない働きを持っています。つまり、年をとっても疲れていても病気がちだったとしても、血小板を過剰に作らせないのです。この効果については、DHAにもありますが、EPAの方が大きいことがわかっています。

DPAやEPAの栄養素は、「健康」という観点からは切っても切れないほどに万能な栄養素と言っても過言ではありません。だからこそ医学の最先端のアメリカを始め、各国、年々その研究結果や論文の数が増えているのです。

本気で私が試したDHAサプリ比較ランキング

実際に私が購入して全力で試したDHA・EPAサプリをランキングでご紹介!こちらのページはこんな「3つの知りたい!」を解決してくれるページです。ぜひ、あなたのDHAサプリの参考にしてみて下さいね。

  • ■数多くのサプリを試した中で、私が愛飲しているNo.1サプリが知りたい!
  • ■失敗しないDHAサプリの選び方が知りたい!
  • ■各サプリのスペックを一覧比較表で簡単に知りたい!

本気で私が試したDHA・EPAサプリ比較表はこちら

SNSでもご購読できます。