男性ホルモンのテストステロンにもDHA・EPAが効果的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

男性ホルモンの一つであるテストステロンは、男性が男性らしくあるために必要なホルモンです。
テストステロンは、体毛の発達を促す、筋肉量を増加させる、性欲減退を防ぐ、といった身体的なことや、自信がつく、前向きにやる気になる、闘争本能を増加させるといった精神的なことにも影響しています。

テストステロンが減少してしまうと、男性更年期障害を起こしたり、加齢臭が起こったりすることもあるので日ごろから男性ホルモンが減少しないようにすることが必要なんです。男性ホルモンであるテストステロンが減少しないためには、運動や食事に気を配り、睡眠をしっかりとることが大切になります。

運動に関しては、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動よりもウェイトリフティングのような筋肉に負荷がかかるような運動を行います。また、体脂肪率が低くなると男性ホルモンも維持されるので太りすぎないようにすることも大切です。

睡眠は自律神経を整え、ストレスを解消する作用があります。ストレスを感じるとコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されますが、このホルモンはテストステロンを減少させる効果があります。

また、成長ホルモンなど体にとって必要なホルモン類は寝ている間に分泌されることが多く、睡眠をとることで体を整えることができますので、できるだけ夜の10時から2時の間には睡眠状態に入っていることが好ましいとされています。

 

食事においては、牡蠣(かき)などに多く含まれている亜鉛、DHA、EPA、たんぱく質が大切です。DHA、EPAは主に魚の油に多く含まれており、オメガ3系の脂肪酸です。オメガ3系脂肪酸は、ホルモンの材料となるほか、精神を安定させ自律神経を整える効果がありますが、DHAは脳の発達に特に影響し、EPAは、血液や血管を良い状態に保つ働きがあります。

また、DHAは摂取しても血液の中で増えにくいですが、EPAは摂取すると血液中で増えやすい性質があります。新鮮な魚であればあるほど多く含まれていますが、煮たり焼いたりすると栄養も少なくなってしまいます。これらはお刺身などで摂るのが良いですが、毎日摂取するのが難しいようであれば、サプリを利用するのも手です。

男性更年期障害は、女性のようにめまいや耳鳴りの他、性欲の減退、勃起不全、疲労感、うつ、睡眠障害、集中力の低下などを引き起こします。また、男性ホルモンの分泌量は20代で徐々に少なくなっていくので、日ごろから意識してDHAやEPAを摂取することを心がけるのは秘訣ですね。

本気で私が試したDHAサプリ比較ランキング

実際に私が購入して全力で試したDHA・EPAサプリをランキングでご紹介!こちらのページはこんな「3つの知りたい!」を解決してくれるページです。ぜひ、あなたのDHAサプリの参考にしてみて下さいね。

  • ■数多くのサプリを試した中で、私が愛飲しているNo.1サプリが知りたい!
  • ■失敗しないDHAサプリの選び方が知りたい!
  • ■各サプリのスペックを一覧比較表で簡単に知りたい!

本気で私が試したDHA・EPAサプリ比較表はこちら

SNSでもご購読できます。