妊婦の方必見!魚と水銀問題が丸わかり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水銀のどこが有害なのか?

水銀は1956年頃、熊本県水俣湾で発生した公害の1つ、水俣病の原因である有害重金属で、その中でもメチル水銀などの有機水銀は脳などの中枢神経に障害を起こす可能性が高いと言われています。

胎児はメチル水銀への感受性が高いので、妊婦さんがメチル水銀を摂取すると胎児の脳である中枢神経系の発達への影響が心配されています。

世界保健機構であるWHOは、水銀中毒の研究結果から、その摂取量を暫定耐容一週摂取量(PTWI)を1.6μg/kg体重/weekと設定しました。厚生労働省の諮問を受けた食品安全委員会は、PTWIを2.0μg/kg体重/weekとする答申を出しました。

世界的権威であるWHOは1.6μg/kg体重/week、日本の厚生労働省は2.0μg/kg体重/weekで、どちらの数値を自分の中で設定するか迷いそうですが、日本で定めた2.0μg/kg体重/week1.6μg/kg/weekにした方がいいのではないでしょうか?WHOだと欧米人の体格や体質も考慮してありますので日本人とは少しズレが生じてしまうものです。

※耐容摂取量とは、一生涯食べ続けても健康に影響が出ないとされる量

なぜ魚について注意喚起されているのか?

普段、私たちが摂取するメチル水銀の約80%は海に棲む水産生物からです。海水に含まれる水銀(無機水銀)はプランクトンなどの微生物によってメチル水銀(有機水銀)に変換されます。そのプランクトンを小魚が食べ、小魚をマグロやカジキなどの海の中での食物連鎖の頂点に立つ魚が食べるのです。

メチル水銀(有機水銀)は生物に蓄積されやすい性質があるので、食物連鎖の過程でどんどん濃縮されていきます。ですから食物連鎖の上にいる生物ほどたくさんのメチル水銀を体内に持っているのです。

どんな魚にメチル水銀は多く含まれているの?

海の食物連鎖の頂点に立つのはクジラ類で、その後に鮫類、そして魚類になります。DHAやEPAを多く含むのは魚類の中の大型魚は、マグロやカジキです。

つまり、DHAやEPAを多く含んでいる魚は同時にメチル水銀も多く含んでいるのです。

魚介類の水銀は危険なレベルなのですか?

厚生科学研究によれば、この10年ほどに日本人の平均的な総水銀摂取量は7~10μg/人/day程度で推移しており、その75%をメチル水銀とすると、メチル水銀の摂取量は6~8μg/人/day程度になります。これは体重を50kgとしてWHOが設定したメチル水銀のPTWI(1.6μg/kg体重/week)から換算される11μg/人/dayの50%~66%程度です。

したがって、平均的な食事をしていれば、ただちに水銀の影響が懸念されるほどではありません。しかし、マグロ類(マグロ、カジキなど)、サメ類、深海魚類、鯨類(鯨、イルカ)などのメチル水銀濃度が高い食品を普通より多く摂取するとPTWIを超えます。

魚介類の水銀について基準値はないのですか?

どうしても一定の基準値みたいなものがないと予防や対策はできませんよね。
厚生労働省はメチル水銀を含んだ水産物の摂取量を以下であれば安全だと発表しています。

 摂取量の目安  魚介類
 1回約80gとして妊婦は2ヶ月に1回まで
(1週間当たり10g程度)
 バンドウイルカ
1回約80gとして妊婦は2週間に1回まで
(1週間当たり40g程度)
 コビレゴンドウ
1回約80gとして妊婦は週に1回まで
(1週間当たり80g程度)
 キンメダイ
メカジキ
クロマグロ
メバチ(メバチマグロ)
エッチュウバイガイ
ツチクジラ
マッコウクジラ
 1回約80gとして妊婦は週に2回まで
(1週間当たり160g程度)
 キダイ
マカジキ
ユメカサゴ
ミナミマグロ
ヨシキリザメ
イシイルカ
クロムツ
  • 参考1マグロの中でも、キハダ、ビンナガ、メジマグロ(クロマグロの幼魚)、ツナ缶は通常の摂食で差し支えありませんので、バランス良く摂食してOK。
  • 参考2魚介類の消費形態ごとの一般的な重量は次のとおりです。 寿司、刺身 一貫又は一切れ当たり 15g程度 刺身 一人前当たり 80g程度 切り身 一切れ当たり 80g程度

バンドウイルカやコビレゴンドウを食べる機会はないと思いますので、主に見る場所は赤字の魚です。単純に1週間に1~2人前ならば水銀による影響はないといった感じです

厚生労働省もこのような発表をしています。

近年、魚介類を通じた水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する報告がなされています。この胎児への影響は、例えば音を聞いた場合の反応が1/1,000秒以下のレベルで遅れるようになるようなもので、あるとしても将来の社会生活に支障があるような重篤なものではありません。妊娠している方又は妊娠している可能性のある方(以下「妊婦」という。)は、次の事項に注意しつつ、魚介類を摂食するよう心がけてください。

わが国における食品を通じた平均の水銀摂取量は、食品安全委員会が公表した妊婦を 対象とした耐容量の6割程度であって、一般に胎児への影響が懸念されるような状況で はありません。

魚介類は健やかな妊娠と出産に重要である栄養等のバランスのよい食事に欠かせないものです。本注意事項は、妊婦の方々に水銀濃度が高い魚介類を食べないように要請するものではありません。

また、本注意事項は胎児の保護を第一に、食品安全委員会の評価を踏まえ、魚介類の調査結果等からの試算を基に作成しました。水銀濃度が高い魚介類を偏って多量に食べることは避けて、水銀摂取量を減らすことで魚食のメリットを活かすこととの両立を期待します。

というわけなので、まとめると、極端に毎日マグロばかり食べていない限り、普通の食生活での魚では胎児に影響を及ぼすことはないとの見解です。

DHA・EPAのサプリに対して

DHAやEPAのサプリの水銀除去については、各社ありますが、厚生労働省が認可したGMP認定工場で製造~品質を管理していれば水銀除去は行われています。しかし、たとえ、GMP認定工場でなくとも、各社の方法で除去していることがほとんどです。

主に水銀除去しているDHAサプリ会社は以下の通りです。

商品名 水銀除去場所
美健知箋 GMP認定工場
きなり GMP認定工場
オメガプラス GMP認定工場
AOZA 自社工場(原産地証明書の発行)
サントリーDHA&EPA+セサミンEX GMP認定工場
ハグラビ(Hug Lavie) GMP認定工場

本気で私が試したDHAサプリ比較ランキング

実際に私が購入して全力で試したDHA・EPAサプリをランキングでご紹介!こちらのページはこんな「3つの知りたい!」を解決してくれるページです。ぜひ、あなたのDHAサプリの参考にしてみて下さいね。

  • ■数多くのサプリを試した中で、私が愛飲しているNo.1サプリが知りたい!
  • ■失敗しないDHAサプリの選び方が知りたい!
  • ■各サプリのスペックを一覧比較表で簡単に知りたい!

本気で私が試したDHA・EPAサプリ比較表はこちら

SNSでもご購読できます。