DHA・EPAがたっぷり入った魚以外の20食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「DHAとEPAを摂りたいんだけど、魚が大の苦手!魚以外になんかないの?」とよく聞かれます。

私はわりと魚は好きなんですが、家のグリルで焼いた後の片付けの面倒くささは嫌です。なかなか落ちないですしね。しかも、落ちないから1日洗剤でつけておくと、翌朝あの生臭い匂いが家中にぷ~んと漂っています。あれがもう嫌で嫌で。。。

そんな色々な意味で魚が嫌いな人へ向けてのページです。

DHAとEPAを”直接”摂取できるのは魚介類だけ

実は、DHAとEPAを直接摂れるのは、魚介類からだけです。他の方法は残念ながらないのです。

しかし、植物にはα-リノレン酸が含まれていて、これが体内に入るとDHAとEPAに変換されることがわかっています。ですから、野菜を摂ればα-リノレン酸を摂ることになり、DHAやEPAを摂ることになります。つまり、間接的に摂ることになり、魚介類から摂ることと同じになります。

しかし問題はその量が微量だということです。α-リノレン酸からDHAとEPAに変換される量は約10%ほどと言われています。

α-リノレン酸を多く含む魚以外の代表的な食品(mg/100g)

食品名 α-リノレン酸
えごま(乾) 24000
くるみ(いり) 9000
なたね油 7500
調合油 6800
大豆油 6100
マヨネーズ(卵黄型) 5100
あさ(乾) 4600
マヨネーズ(全卵型) 4200
フレンチドレッシング 3000
サウザンアイランドドレッシング 2900
ポテトチップス 2400
油揚げ 2200
だいずじゃがいも(フライドポテト) 1900
だいず(全粒、国産、乾) 1800
芋かりんとう< 1400
抹茶 1300
米ぬか油 1200
マーガリン(ソフトタイプ) 1100
ドーナッツ(イーストドーナッツ) 1000
とうもろこし油 760

植物油がかなり入っていますが、これは100gあたりの量ですので、例えば、真上のとうもろこし油を100g摂った場合、DHA&EPAに変換されるのは約76mgというわけです。そもそも100gも植物油を毎日摂っていたらコレステロール値や中性脂肪値がぐーーーんと上がってしまのは当たり前で、その前に気持ち悪くなった倒れそうですよね。

現実的に、厚生労働省が推奨する摂取量にはほど遠いのです。1日3食野菜だけ食べていても全くと言っていいほど追いつきません。

効率的に、効果的にDHA・EPAを摂取するにはサプリが一番

今ではどのサプリメントも魚臭さもないので気軽に試せるのではないでしょうか?DHAやEPAがたっぷり入ったサプリは1日あたり数十円~100円くらいです。スーパーで鮭やアジを1匹買う程度の値段です。

最先端の病院や栄養アドバイザー、美容アドバイザーも薦めているくらいなので、手段の1つとして検討してみてもいいでしょう。

→一目で丸わかり!人気DHA・EPAサプリ比較表

本気で私が試したDHAサプリ比較ランキング

実際に私が購入して全力で試したDHA・EPAサプリをランキングでご紹介!こちらのページはこんな「3つの知りたい!」を解決してくれるページです。ぜひ、あなたのDHAサプリの参考にしてみて下さいね。

  • ■数多くのサプリを試した中で、私が愛飲しているNo.1サプリが知りたい!
  • ■失敗しないDHAサプリの選び方が知りたい!
  • ■各サプリのスペックを一覧比較表で簡単に知りたい!

本気で私が試したDHA・EPAサプリ比較表はこちら

SNSでもご購読できます。