DHA効果の発見と現在に至るまでの歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DHAは、特に眼の網膜や脳の灰白質に多く含まれていて、主にマグロ、サンマ、ブリなどの青魚の目玉の油に多く含まれています。よく「魚は目の周りが一番栄養がある」と言われている所以です。

DHA効果は「DHAやEPAの効果って?」で10個お伝えしましたが、ズバリ!その効果を1つだけを挙げるなら、「脳の活性化」です。

脳の活性化とは・・・

  • 老人性認知症の予防
  • アルツハイマー病の予防
  • 記憶力の向上
  • 学習能力の向上

DHAの効果が発見された1975年

1975年頃、デンマークのダイアベル博士は、ある発見をしました。 魚肉の油の健康効果が脚光を浴びるようになったのは、グリーランド北西岸のイヌイット(エスキモー)集落での疫学調査からです。

極北に住んでいるイヌイットの人々は、魚やオットセイ、アザラシなど動物性の食品を主食としているのに、やはり肉食中心の欧米人に比べて「動脈硬化」「心筋梗塞」「脳梗塞」などの虚血性疾患にかかるリスクが低いことが明らかになったのです。

この医学的な調査は10年間続けられ、欧米人とイヌイットの血液中の脂質に大きな違いがあることが判明しました。

牛や豚の肉、野菜を常食し、あまり魚を食べない欧米人の血液中には、アラキドン酸という脂肪酸が多いのにたいして、魚、クジラ、アザラシなど海の動物を常食とするイヌイットの血液中には、アラキドン酸よりもDHAやEPAが多く含まれていたのです。

ダイアベル博士は「魚の油に多く含まれているDHAやEPAが、血栓をできにくくして、動脈硬化を防ぐ」と報告したのです。

DHAの効果が権威づけられた1990年

1990年に世界で初めて「DHAシンポジウム」が日本で開催されました。そこで行われた栄養学の世界的権威である、イギリスの脳栄養化学研究所のマイケル・クロフォード教授は

「日本人の子供が欧米人の子供と比べて知能指数が高いのは、日本人が昔から魚をたくさん食べてきたことが理由だ。DHAが脳の働きをよくするんだ。」

と発表しました。世界的権威が言ったのですから、この日を境に今まで以上にどんどん研究が進みます。また、ギネスブックによれば、国民平均で世界最高のIQ日本人の115であるそうです。そして少なくとも日本国民の10%は、130以上のIQを持っているとされています。

このようにギネスブックにも日本人のIQの高さが掲載されているわけですから、クロフォード教授の的も得ていると言えますよね。

DHA効果の現在

2015年11月にマイケル・クロフォード教授が再び来日し「DHAシンポジウム」がありました。転換期から25年以上経った今でも、DHAの重要性を述べています。

Q:シンポジウムで伝えたかったことは?

A:歴史的にみて、ヒトの脳は沿岸地域に沿って進化してきた。それは海洋生物に、頭や視覚の働きをよくするDHAが含まれているからだ。

最近、日本では若者の魚離れが進んでいる。魚食文化の減少は、精神疾患の増加とつながっていると考えられる。水産物と陸上生物の両方をバランスよく食べることが大切だ。そのためには、現在の漁獲量では資源に限界がくる。養殖の発展を推奨したい

Q:魚離れ対策は?

A:よりよい脳と精神を次世代に受け継ぐためには魚を食べるべきだと教育することが重要だ。産業界は伝統的なものから現代的なものへリードするため、魚離れの流れを戻すことは難しいかもしれない。しかし、このまま欧米の肉食文化を受け継ぐと、精神疾患や心疾患の増加の恐れがある。

水産経済新聞より引用

このように40年以上も研究されてきたDHAですが、現在は医学会で毎年膨大な論文や研究結果が報告されているのです。まさにDHAの効果が毎年発表されているのです。

アメリカ国立医学図書館の生命科学論文データベースPubMedに掲載された論文数

EPAよりも研究開始時期が遅かったため、DHAは現在医療の場ではまだ使用されていませんが、その日が来るのはほぼ確実になりそうですね。

※すでにEPAは医薬品として販売されていたり、医療の場で利用されています。

本気で私が試したDHAサプリ比較ランキング

実際に私が購入して全力で試したDHA・EPAサプリをランキングでご紹介!こちらのページはこんな「3つの知りたい!」を解決してくれるページです。ぜひ、あなたのDHAサプリの参考にしてみて下さいね。

  • ■数多くのサプリを試した中で、私が愛飲しているNo.1サプリが知りたい!
  • ■失敗しないDHAサプリの選び方が知りたい!
  • ■各サプリのスペックを一覧比較表で簡単に知りたい!

本気で私が試したDHA・EPAサプリ比較表はこちら

SNSでもご購読できます。