DHA・EPAに含まれるその他の健康成分

「主治医が見つかる診療所」で放送されたサチャインチオイルって?

2017年4月17日、テレビ東京「主治医が見つかる診療所SP~糖と油を上手に摂って10歳若返るテク公開~」でDHA&EPAが取り上げられました。どんな内容かというと、まあ、私が今まで書いてきてあるような内容ばかりで期待効果も同じ。。。と思っていたら、初耳の内容がありましたのでシェアさせていただきますね!

まず、オメガ3(DHA&EPA)の弱点として以下の2つを復習しておきます。

DHA&EPAの弱点

  1. 独特の匂いがある
  2. 熱に弱い

です。特に②は重要で魚も焼いてしまうと脂が流れ出てしまうので効果半減です。もちろんこの流れ出る脂の中にオメガ3(DHA&EPA)がたっぷり入っています。ですから魚は生で食べた方がいいのです。

しかし、上の2つの弱点を克服してくれるオイルがあるのです。それが、テレビで紹介されていた「サチャインオイル」です。

独特の匂いもなく、熱にも強い!サラッとした感じで抵抗はないそうです。しかも、1日のオメガ3の摂取量をたったスプーン1杯(5g)で賄えます。しかし、2015年以降、年齢や性別で1日の摂取量は変わっていますので、このスプーン1杯で賄えるというのには疑問点が残ります。

男性で○歳の人は○g、女性で○歳の人は○gなどの説明はなく、ただ「スプーン1杯(5g)で1日の摂取量を賄える」だけでしたので。。。

なにがどうして熱に強いのか?などの説明はサラッと難しい言葉で流されていたのでわかりませんが、いずれにせよ、弱点の2つを克服しているのは確かみたいです。同じオメガ3であるエゴマオイルやアマニオイルは加熱と共に流れ出し含有量が減るのに対し、サチャインチオイルはほぼ平行線です。

納豆のしょうゆ代わりに使用したり魚ムニエルに使用したり、レシピっぽいものも紹介されていましたが、たった5gであれば、そのまま飲んでしまった方が早いのではないかとも思います。そのためにわざわざ新しい料理を覚えるのもなんだから無駄な気もしてしまうのは私だけでしょうか?

いずれにしても、魚は臭くて食べられない、サプリを利用するのもなんだ気が引ける、と感じている人は、一度サチャインチオイルを検討して見てもいいかもしれません。

→「主治医が見つかる診療所SP」で取り上げられたサチャインオイルはこちら

女性は要チェック!クリルオイルの4つのメリット!

健康のためにしっかりと摂取しておきたい成分のひとつが、DHAとEPAです。DHAやEPAサバやイワシ等の青魚に多く含まれる成分で、記憶力を高めてくれる働きがある為、頭が良くなる成分としても有名ですよね。よく受験のお子様のためにお母さんが魚をたくさん食べさせたりしている家族もあります。

続きを読む

ナットウキナーゼの人体への影響は?副作用はある?

健康食の食材として納豆は有名ですが、その理由の一つに納豆のねばねばに含まれるナットウキナーゼという成分を挙げることが出来ます。

ナットウキナーゼは血液をサラサラにする効果がありますが、これは血管中にある血栓を溶解することが出来るため、脳梗塞や心筋梗塞の様な血管の病気に対しての予防や、血栓が溶解されることでサラサラ血になり高血圧症の人の血圧が下がる効果も期待することが出来ます。

続きを読む