死への第一歩!動脈硬化の予防、治療に効果的なDHA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人の死亡原因、の1位は「がん」ですが、1950年~1980年頃まではずっと脳卒中が1位でした。がんの発生率が大きくなったことは事実ですが、決して脳卒中になった人が少なくなったわけではありません。

脳卒中や心筋梗塞といったある意味死に直結する大きな病気の原因には動脈硬化が挙げられます。

動脈硬化とは血管の内壁にコレステロールや中性脂肪がくっついてしまい、血管が狭くなったり硬くなったりして、血液の流れが悪くなり、血管が切れてしまう病気です。

ですから、動脈硬化の予防には、内壁にへばりついたコレステロールや中性脂肪を取り除いたり、また、へばりつかないようにすればいいのです。

以前まではEPAが中性脂肪を取り除く効果があると注目されていましたが、EPAは中性脂肪を取り除くものの、コレステロールはあまり取り除けないことがわかりました。いくら中性脂肪だけ取り除いてもコレステロールも取り除けなけらば、効果は半減です。

コレステロールは脂肪分の吸収をよくするために必要な胆汁の中に含まれる胆汁酸の原料になり、細胞を包む細胞膜を形成する時の栄養素になるもので体にとって必要なのです。

体にとって必要な栄養素ですが、しかし、過剰にコレステロールが溜まるのは動脈硬化に繋がってしまうので避けたい。この過剰なコレステロールを取り除いてくれるのがDHAなのです。

国立健康栄養研究所の研究では、こんな結果が出ています。

「DHAを含んだオメガ3系の脂肪酸を摂取すると、リノール酸やオリーブ油などのオメガ6系と比べ、コレステロールの量が2.5分の1に減少した。また、コレステロールの中でも人間に必要な善玉コレステロール(HDL)は増加した。」

コレステロールは世界中の学者も研究しており、国立健康栄養研究所と同じような研究結果を発表しています。DHAはコレステロール値を下げ、善玉コレステロールを増やすという事は、DHAを摂取して入れば動脈硬化を防ぐことができるということです。

動脈硬化の2つの原因である中性脂肪とコレステロール。EPAが中性脂肪を減らし、DHAがコレステロールを減らし予防する。そして、その先にある脳卒中や心筋梗塞も予防することができるのです。逆に言うと、脳卒中や心筋梗塞の予防を考えている人にとってもDHAは摂取するに値するものなのです。

本気で私が試したDHAサプリ比較ランキング

実際に私が購入して全力で試したDHA・EPAサプリをランキングでご紹介!こちらのページはこんな「3つの知りたい!」を解決してくれるページです。ぜひ、あなたのDHAサプリの参考にしてみて下さいね。

  • ■数多くのサプリを試した中で、私が愛飲しているNo.1サプリが知りたい!
  • ■失敗しないDHAサプリの選び方が知りたい!
  • ■各サプリのスペックを一覧比較表で簡単に知りたい!

本気で私が試したDHA・EPAサプリ比較表はこちら

SNSでもご購読できます。